石の良し悪しとはどこで決まる?

お墓の石…墓石というのは、国産なら何でも高価で外国産なら安価な石が多いというイメージは、なんとなくないでしょうか?

ですが実は墓石というのは、国産だから高価とか外国産だから安価というのではなく、人気があるから国産が高い、人気はさほどなので外国産は安いという事になっているのです。

では人気度だけが石の値段と関係があり、石の質はまったく値段と関係なく選ぶことになるのでしょうか?

実は人気度も墓石の価格と関係がありますが、人気以外にも、どれだけ墓石を加工したのか手間がどれほどかかるのかも、石の値段と関係してくるのです。

さらに墓石というのは当たり前ですが、雨ざらし日ざらしになっています。

ということは雨が降ると水分を含んでいきますし、乾燥すると自然と石の中の水分は、出ていくことになります。

この水分をどれだけ墓石が吸水するのか、水の吸水率も石を選ぶ際の良し悪しの基準となるのです。

もちろん水分は弾いてくれる石の方が、いい石という事になります。

また圧縮強度といって、墓石に一定の圧力を加えていき、どれだけの圧にまで、現在の形状を保つことが出来るのかというテストも行います。

このテストは、数字が高い方が頑丈で、圧に耐えられる石という事になります。

その他にも、墓石にはいろいろなテストを行い、石の品質のレベルを算出しています。

この品質テストの結果というのも、石を選ぶ際の参考にしてみると、いいのではないでしょうか。

■参考ページ:墓石徹底比較